EYEFULS:『犬と聖者に墓標はない』

『犬と聖者に墓標はない』

「俺の肩には悪魔が乗ってるんだ」 死んだ姉の婚約者を相棒に、激動の1960年パリを道連れに、私立探偵のノエルは事件を追って疾走する。彼にはもう、恐れるものなど何も無かった—―あの全てを覆い隠す雪のクリスマス以来! タフでクールで、優しさを嘲笑しつつ捨てきれない男が主人公のフレンチ・ノワールもどき。

【備考】
以前別名義を用いていた際に制作したものとなります。今作を含む短編集3作を収録した同人誌をboothにて販売中です。イベントにも持っていく予定です。
https://bate-man.booth.pm/items/876837

#男男感情 タグつきでシェア

「代表作まとめ企画」へ戻る

タイトルとURLをコピーしました