やまおり企画

やまおり亭のWEBサイトです。

やまおり亭

〈男と男の情と飯と酒〉を愛し小説やエッセイを書く。方眼ノートと手帳とbujoとロルバーンが好き。

やまおり亭をフォローする

山折書亭(やまおりしょてい)

やまおり亭の主宰する、ひとり文芸サークル。

作品を読む

作品を手に入れる

依頼をする

  • skeb(文、絵、ご質問のコミッション)
  • つなぐ(小説を読んでほめるサービス)

連絡を取る

▼記録とお知らせ

2023年手帳とノートの記録
2023年12月27日時点での、手帳とノートの使い方記録。 Campus S5 方眼罫 バレットジャーナル用の無線綴じノート。S5は〈セミB5〉を指しており、普通のB5より気持ち小さい。 付いた傷さえSo cute ざっくり年間予定(Fut…
書店委託初心者がメロンブックスのエアイベントに初参加したときのメモ
※もともとnoteにあった記事を引っ張ってきました。(noteは更新停止)※移動にあたり、過去イベントに即した内容を加筆修正しています。 メロンブックス様主催エアイベント、初参加時のメモ。 自作の販売は自家通販しか経験がないガチガチの初心者…
21あった。(創作TALK2021_22)
2021年に参加したイベントの数です。 この記事を書いた人 やまおり亭(やまおり・てい)創作サークル・山折書亭名義にて〈男と男の情と飯と酒〉を標榜し小説を書く。代表作に『杯傾ける縁側』など。「紙本祭」をはじめとする、ゆかいな各種オンライン即…
憧れの缶詰と寂しくない孤独
作家の「缶詰」というものに初めて触れたのは、サザエさんの漫画だったと思う。 サザエさんのお隣さんであり小説家でもあるイササカ先生が、編集のノリスケさんに見張られながら文机に向かっている――。 場所はイササカ先生の自宅だったか、はたまたどこか…
〆切は増える
〆切は増える。 ちょっと目を離すと増えている。      ***  お話を書いて本にするとなったとき、私はまず同人誌即売会、つまりイベントに申し込む。イベント当日に合わせて本を発行するためだ。 となると、自然に発生するのが〆切である。 〆切…

紙本祭

やまおり亭が主催する、オリジナル紙の本&紙ものオンライン即売会。

ほぼ年1、だいたい11月に開催。

  • 紙本祭5
  • 〆切オンリー
  • 男と男の巨大感情|性的な関わりのない男達オンリー
  • 第四回紙本祭
  • 教えて君のスケジュール管理|スケ管オンリー即売会
  • 第三回紙本祭
  • 貼るフェス
  • 第二回紙本祭
  • 第一回紙本祭

招文堂*文芸同人誌のシェア型本屋

やまおり亭が発起人を務める、東京・吉祥寺のちいさなシェア型本屋。

様々な文芸同人誌の作者/制作グループが〈店主〉となり、自著専門のひと棚本屋を運営しています。

タイトルとURLをコピーしました